賃貸経営者としての必要費

将来に備えておく資金

アパート経営者になった場合、将来のために検討する必要があるのがアパート修繕費用である。 具体的には2年から3年周期で水道管が古くなるため、そのまま使用していると健康を害する可能性があるため水道管の清掃費が必要である。 またアパートが10年以上経過すると、外壁に汚れが目立ってくる。 そのため、外壁の修繕が必要である。この費用もアパートの規模にもよるが、数百万円の修繕費がかかる事も珍しくない。 他にも年数の経過とともに諸々の修繕費が必要となる。 そのためアパート経営者は、将来の出費のために保険代わりとして修繕費用を積み立てる人も珍しくない。 これは毎年、一定額の修繕費を積み立てておき、今後の修繕費が必要となった時には、この積立金から支払う方法である。 いざ修繕が必要という時に積立金は心強い資金となる。

積立金は安心な保険

長期にアパート経営をしていると修繕費は何度も必要となってくる。 景気の良いときは、手持ちの資金から出費も可能であるが、不景気となった場合に費用を支払えずにアパート経営が頓挫してしまう危険がある。 そのために毎年、アパート経営の何割かを収益しておく事は、将来の安心感を得るためにもメリットがある。 特に経営が安定しない内は、空き室が多くなる場合も想定される。 また、家賃の値上がりをしようとしたら入居者は遠のいてしまう事が予想される。 そのため「いざとなったら収益から修繕費を支払えば大丈夫」という考えでは、いざという時に資本が足りなくなり、アパート経営が成り立たなくなる。 いつも綺麗で設備の整ったアパートを提供することで、入居者に人気のある物件となるのである。

電気まわりのメンテナンス

コンセントは使用していくうちに、どうしても劣化してしまうことがある。劣化した状態を放っておくのは大変危険なので、その場合は、即座に交換する必要が出てくるのだ。専門業者に依頼をして、安全に取り替えよう。

詳細を確認する...

部屋を明け渡す時のマナー

借りていた部屋を明け渡す時は、オーナー立ち会いの下で部屋の汚れや破損具合を確認します。経年劣化以外の故意に行った破損などは原状復帰しなければならないのです。原状復帰にはトラブルがつきものなので要注意です。

詳細を確認する...

生活を豊かにする

インターホンの交換をするときには、どのような種類にして交換をするのかということを決めることが大切なことになります。専門業者についても、複数ありますのでその中から選んで依頼をするようにしておきましょう。

詳細を確認する...